トップ > 入院の期間 長期入院は過去の話 > 入院の期間 長期入院は過去の話

入院の期間 長期入院は過去の話

入院をすると、会社勤めの人や、自営業の人たちは、仕事を休まなければならず、また、入院が長期になると、金銭面でも悪影響が出てきます。

痔の手術には、長い入院日数が必要なのではないか、と思っている人がたくさんいるようですが、最近では2週間以上入院するケースはほとんどありません。


もちろん入院の期間は、病状や手術の方法、術後の回復の度合いによって異なります。

しかし、「痔の手術には、2週間以上の長期入院が必要」という誤った思いこみは捨ててください。

それが、痔の治療を始める第一歩といえると思います。

この記事のカテゴリーは「入院の期間 長期入院は過去の話」です。
関連記事

入院の期間 長期入院は過去の話

入院をすると、会社勤めの人や、自営業の人たちは、仕事を休まなければならず、また、...

手術を受けるときの心がまえ

手術日が決まると、手術の準備として、ほかの病気や合併症の有無を調べる血液検査や心...