トップ > 手術が必要な痔の症状 > 手術が必要な痔の症状

手術が必要な痔の症状

痔の手術を受けるときに必要な知識を説明します。

・内痔核(いぼ痔)
排便のたびに脱肛し、指で押しこんでもなかなか戻らないほど進行した内痔核です。

歩いているときに脱肛するなど、レベル3から4に達する内痔核で、日常生活を送るのがつらい症状になり、患者さん自身が手術を望む場合は手術します。


・裂肛(切れ痔、裂け痔)
肛門が狭く、裂肛で、投薬と生活指導の治療を2?3ヶ月行っても症状の改善がみられない場合には、手術をします。


・痔ろう(あな痔)
痔ろうは、原発巣をとり去らないと治らないことと、肛門がんになることがあるので、すべての患者さんに手術を行います。

もちろん、このようなケースでも、診察したその日にすぐ手術ということはありません。


「病院に行くと、すぐに手術される」「手術は痛くて怖い」など、根拠のないうわさに惑わされず、早期に受診して、的確な治療を受けるようにしてください。

この記事のカテゴリーは「手術が必要な痔の症状」です。
関連記事

手術が必要な痔の症状

痔の手術を受けるときに必要な知識を説明します。 ・内痔核(いぼ痔) 排便のたびに...