トップ > 痔を悪化させる6大要因 > 病気を治し、予防するのは本人の自然治癒力

病気を治し、予防するのは本人の自然治癒力

人間の健康は、外部からの攻撃因子と体内の防御因子とのバランスで成り立っています。

外界から体内にウイルスや細菌が侵入すると、白血球やリンパ球などの免疫細胞が働いて侵入者を排除し、健康を回復させようとします。病気になると、熱や汗が出るのは、免疫細胞が外的と闘っている症状の1つです。

痔にかぎらず、病気を治し、血行をとり戻すのは、本人の自然治癒力によります。医師や薬は、その手助けをしているにすぎません。

したがって、痔の治療でも免疫力などの自然治癒力を高めて、外的攻撃因子と内的防御因子のバランスを保つことが重要になります。

痔をつくったり、悪化させたりする「便秘・下痢」「肉体疲労」「ストレス」「冷え」「飲酒」「女性の生理」の6大要因から体を守るライフスタイルを、日ごろから心がけることが大切です。

この記事のカテゴリーは「痔を悪化させる6大要因」です。
関連記事

痔を悪化させる6大要因

・痔の元凶は肛門周辺の炎症 痔を大別すると、「痔核」「裂肛」「痔ろう」の3種類が...

肛門に炎症を起こす6大要因

日常生活で、肛門に炎症を起こす原因となるものには、「便秘・下痢」「肉体疲労」「ス...

病気を治し、予防するのは本人の自然治癒力

人間の健康は、外部からの攻撃因子と体内の防御因子とのバランスで成り立っています。...