トップ > 日本人の3人に1人は痔主 > 痔の治療と「真の健康と幸福」

痔の治療と「真の健康と幸福」

最近の医療では、患者さんを治療する医師が、その患者さんが治療のあとに充実した人生を送れるかどうかを考えながら治療を行うクオリティー・オブ・ライフ(生活の質)や、

医師が治療をする前に患者さんに、これから行う治療がどのようなものなのか、そしてその治療をすることによってどのように症状がよくなるのか、をよく説明し、患者さんがそれを納得してから治療を行うインフォームド・コンセント(説明と同意)

が常識になってきています。

よく、「病気を治すのは、本人の自然治癒力で、医師と薬はその手伝いしかできない」といわれます。

痔の治療においても同じで、患者さんが自分の健康管理をきちんと行い、痔になりにくい生活環境を整えること、すなわちセルフケアをすることが痔を治すポイントになります。

その「セルフケア」については、後ほどくわしく説明します。

この記事のカテゴリーは「日本人の3人に1人は痔主」です。
関連記事

日本人の3人に1人は痔主

「3人寄れば、痔主が1人」 といわれるくらい、痔は日本人にとって、 非常に身近な...

痔の治療は早期の受診がカギをにぎる

痔の発症率は、日本人と外国人とでは、あまり変わりはありません。しかし、痔にかかる...

痔の治療と「真の健康と幸福」

最近の医療では、患者さんを治療する医師が、その患者さんが治療のあとに充実した人生...