トップ > 痔を悪化させる6大要因 > 痔を悪化させる6大要因

痔を悪化させる6大要因

・痔の元凶は肛門周辺の炎症
痔を大別すると、「痔核」「裂肛」「痔ろう」の3種類があります。どのタイプの痔でも、痔を誘発して症状を悪化させる危険因子は、肛門周辺に起こる炎症です。

もともと人間の体には免疫機能があり、外部から侵入した細菌やウイルスなどを撃退して排除し、健康を維持するように働いています。免疫をつかさどるのはリンパ球のT細胞、B細胞や他の白血球などです。

特に口腔内と膣内、肛門内の3ヵ所では、局所免疫といって体を守る働きが強力になっていて、病原菌の感染や炎症が起こりにくくなっています。

人間の体を攻撃し、健康を害す要因を攻撃因子といい、ウイルスや細菌などがこれにあたります。また、これらの攻撃因子から健康を守るための機能が人間の体にはあり、それを防御因子といい、これらには免疫機能があります。

人間の体は、病気を引き起こす攻撃因子と防御因子がバランスを保つことで健康が保たれているのです。

この記事のカテゴリーは「痔を悪化させる6大要因」です。
関連記事

痔を悪化させる6大要因

・痔の元凶は肛門周辺の炎症 痔を大別すると、「痔核」「裂肛」「痔ろう」の3種類が...

肛門に炎症を起こす6大要因

日常生活で、肛門に炎症を起こす原因となるものには、「便秘・下痢」「肉体疲労」「ス...

病気を治し、予防するのは本人の自然治癒力

人間の健康は、外部からの攻撃因子と体内の防御因子とのバランスで成り立っています。...