トップ > 日本人の3人に1人は痔主 > 日本人の3人に1人は痔主

日本人の3人に1人は痔主

「3人寄れば、痔主が1人」
といわれるくらい、痔は日本人にとって、
非常に身近な病気の1つです。

1988年に、ある製薬メーカーが、成人男女に対面アンケート調査をしたところ、約36%の人が、「自分は痔の気がある」と答えたそうです。つまり、日本の成人の3人に1人が痔に悩んでいることになります。

さらに、自分が痔であることに気がついていない人が、じつに多いのです。ドイツの解剖学者が成人の遺体を解剖したところ、70%の人が痔核をもっていたといいます。

これは、生前に痔を自覚していなかった人も含めて、正確な痔主の数を明らかにした驚くべきデータだといえます。

また、アメリカのヘンリーフォード病院のハース博士は、外来患者のほとんどすべてに肛門部の診察を行い、86%の人に痔核を認めた、と1982年に報告しています。

このように、痔とは、世界的にポピュラーな病気なのです。

この記事のカテゴリーは「日本人の3人に1人は痔主」です。
関連記事

日本人の3人に1人は痔主

「3人寄れば、痔主が1人」 といわれるくらい、痔は日本人にとって、 非常に身近な...

痔の治療は早期の受診がカギをにぎる

痔の発症率は、日本人と外国人とでは、あまり変わりはありません。しかし、痔にかかる...

痔の治療と「真の健康と幸福」

最近の医療では、患者さんを治療する医師が、その患者さんが治療のあとに充実した人生...