トップ > 痔の3大疾患は痔核、裂肛、痔ろう > 痔の3大疾患は痔核、裂肛、痔ろう

痔の3大疾患は痔核、裂肛、痔ろう

「痔」はポピュラーな病気ですが、正確にいうと、医学上「痔」という病気はありません。字は、肛門のいろいろな病気の総称で、単独の病気をさしているわけではないからです。

肛門は、長さがわすが3cmほどの器官ですが、病気が発生する部位によってそれぞれ症状が異なり、治療法も違います。

肛門は、お腹の中からおりてきた直腸と、お尻からくぼんできた皮膚がつながってできたものです。このつながった部分はギザギザした線で残っていて、歯のような形をしていることから歯状線と呼ばれます。

したがって肛門管は、お尻のところでは皮膚であり、そこから歯状線までの約1.5cmが肛門上皮、歯状線から約1.5cmが肛門粘膜、その先が直腸の粘膜となっています。

このように肛門は、4つの皮膚と粘膜からできているため、炎症が発生した場所によって、症状が違ってくるのです。


ちなみに、痔を大別すると、「痔核」「裂肛」「痔ろう」の3つになり、もっとも多いのが痔核だそうです。

この記事のカテゴリーは「痔の3大疾患は痔核、裂肛、痔ろう」です。
関連記事

痔の3大疾患は痔核、裂肛、痔ろう

「痔」はポピュラーな病気ですが、正確にいうと、医学上「痔」という病気はありません...