トップ > 肛門の構造としくみ > 肛門をとり囲んでいる2つの筋肉

肛門をとり囲んでいる2つの筋肉

ふだん私たちが意識していなくても、肛門から便が漏れ出ることはありません。

それは、肛門の周囲を内肛門括約筋と外肛門括約筋という2つの筋肉がとり囲んで、肛門を閉じているからで、便をするとき以外は、肛門から便が漏れないしくみになっているのです。

粘膜の近くにある内肛門括約筋は、不随意筋といって、自律神経によって支配されている筋肉なので、本人の意思とは関係なく肛門を一定の力で締めつけていて、寝ていて意識がないときでも便は漏れません。

一方、内肛門括約筋の外側にある外肛門括約筋は随意筋といって脊髄神経に支配されている筋肉なので、意識的に締めたりゆるめたりすることができます。

急にトイレに行きたくなったり、人前でおならが出そうになったときに我慢できるのは、この外肛門括約筋のおかげなんです。

この記事のカテゴリーは「肛門の構造としくみ」です。
関連記事

肛門の構造としくみ

・肛門は複雑でデリケートな器官 痔という病気を理解するには、肛門の構造を知ってお...

肛門をとり囲んでいる2つの筋肉

ふだん私たちが意識していなくても、肛門から便が漏れ出ることはありません。 それは...